Wednesday, August 08, 2018

しぬ・とぶ・わかる


ながみ~(旧姓です)、わかるかァ~、「わかる」っていうのは「とぶ」ってことなんだ!と言ったのは、大学時代の先生Yですけど

そうしたところから、細馬さんのこれを再び読むと

晶文社スクラップブック 細馬宏通 ―― 第2回 しぬ http://s-scrap.com/1743
ジャンプは、ほんとうはいつだって賭けなのだ。ギャップは目の前に、思わぬ形で現れる。リズムに従って跳ぶのではない。体は跳ぶたびにリズムから離れる。リズムはしぬ。ギャップの向こうで足が着地する。リズムは生まれ直す。しぬ、といいながら生まれ直す。
「わかる」ときその直前、ひとは、いっぺん「しぬ」っつうことじゃないかという(ひとつの)答えを見つけて、なんとも言えん、そのフローの甘やかさに、胸の内にあるつぼみがほころんだような気持ちになった。

しにたい、とびたい、わかりたい。 生まれ直したい。

これも、エロスとタナトスの話でしょうかね。

No comments:

Post a Comment