Monday, April 02, 2018

わからない


わかるから好きだという判断があって、わからないから好きだという感情があって、もちろんその逆もあって、そうなると、もう何もわからないなあ。

結局のところ、いつだってわたしが求めているのは、「愛と知について」ということでありましょうか。やっぱり、それらについて因数分解をする日々です。

No comments:

Post a Comment