Tuesday, April 03, 2018

A.

つまり、問いの存在そのものが答えなのです、ということ。ずっとずっと、ほんとうのことはわからない、という正解。

厳しい・・・!

しかし、だからこそ、空は高く美しく、風は光っているのであります(、と思いたい)。

「おれはァ、いつでもォ、昨日までのおれを更新していたいの!」

深夜のタクシー、四条通。口の端の泡沫を思い出す。Y先生のぼやきが肩を弾く。

No comments:

Post a Comment