Thursday, March 15, 2018

近況20180302


突然の休日。本棚の整理をした。この住まいも、今度の6月でもう丸5年になります。

ここ2ヶ月くらい、ずっと仕事が忙しくて、もちろん当たり前に遊びも忙しくて、とにかく忙しかった。Chromecast買ってみたりしてみたけど、まったく動画文化が入り込む隙きもない。みんなどうやってNetflixで海外ドラマとかみてんの!って思う。そして忙しいのはしばらく続きそう。

しかし最近暖かいので、生の旋律の苦さも紛れます。


淡いピンクのチューリップを買って、こないだお友だちがくれたコップに生けた。かわいい。かわいいと目を細めているそばから、「チューリップは頭が悪そうで好きじゃない、っていうか、春自体頭悪そうで嫌だ」っていうとんでもない悪態が聞こえてきた。歪んでるな~歪んでるけど、わたしを満たすのは円満ではなく、いつでも歪みだった、とこないだ気づいたところですので、致し方ない。


先週末は肉の空だった。肉の空、肉のない謎の飲み会。魚の揚げ物をたくさん食べた。朝が来たらお財布がすっからかんだった。


そうそれで、肉の空の前に時間を巻き戻すと、道具屋筋で肉の筋切り器を買ったんです。そないに肉の筋切るか?と訊かれたけど、切るよ!鶏むね肉とか、筋切りしたのとしてないのとではぜんぜん食感や味しみが違うので!


ゑびす屋は、いろいろかわいかったけど、「呼び込み君」



に吹き込まれた老人の声「階段がありますよ ゑびす屋のトイレがバッチリ ビューティフルになりました 使う前に落ちんとってね」っていうのがかわいかった。大阪弁。京都弁にない愛嬌がある。京都弁だと「落ちんときや~」かなあ。あと、チャーハンが似合う高台付のお皿を買った。はやくチャーハンを作りたい。


更に時間を巻き戻すと、「『日本のZINEについて知ってることすべて』刊行記念トーク ――関西アンダーグラウンド編」@ロフトプラスワンウエストに行った。登壇者は次の通り。ガンジー石原(編集者・ライター)、東瀬戸悟(Forever Records)、野中モモ、ばるぼら(敬称略)


肉の空のあとの深夜のクラブ含め、内緒の話をたくさん聞いた。ZINEについてというよりは、そういう、業みたいなものについて考えた。「編集」という錬金術にまつわる、業。


これは、喫茶アメリカンのホットサンドとプリン。妹と「ひとにやさしくすること」をテーマに意見交換。ひとにやさしくすることは、生命維持の為の欲求の成就には、直接的にはつながらないけど、可能性の拡大による立派な生存前略だということでフィニッシュ。

そうそう。ところで、早くも夏のビジネスルックを調達したんです。ENFOLDのサマーウールのハイウエストパンツに、ユニクロUの半袖オープンカラーシャツ。これで完璧、東南アジアの学校の先生の出来上がり!

そんなこんなで、すでにこの夏はおれのものだって気分です。でも明日は寒いらしい。

No comments:

Post a Comment