Monday, February 12, 2018

バブリー週末

日曜の夜は、大好きな四条大宮の串八に行った。


串八は、メニューがかわいくて最高!飲み物をヘンな箱みたいなのでだいじそうに運んできてくれるから最高!手巻き寿司をひとつから注文できるから最高!フロアの高低差が最高!ボックス席も、カウンターも最高!

串八の最高なところを挙げればきりがないけれど、とにかく「いい方のバブルっぽさ」がすごい。ちゃんとした、作りのいいものを丁寧に使って、人をたくさん雇って、ちゃんと組織を成して丁寧に育てて、システムにお金をかけてっていう、「余裕があること」がすみずみまで行き届いてる。

何しろ、入店からお会計まで、不安なことや不快なことがひとつもない(可能性さえも!)っていうのは、すごく精神の健康にいいことなんだなあ(そして、そういう状態は意外とないものなんだなあ)と思わされる。メニュー名を少し言い間違えても訂正されないとか、手をあげたらすぐ気づいてくれるとか、そういう、挙げればきりがないようなことが、当たり前にある。おまけに、お会計も4000円したことないっていうのはどういうことかしら。そして当然、いつも大繁盛してる。これもいい。そりゃそうだ!当日予約不可なので、ピークタイムに行くとめちゃくちゃ待つことになるわけですが。

そんでまた、翌・ハッピーマンデーの夜はお義母らと二世帯で、松ヶ崎のサンマルクに行ったのもバブルっぽくて(なんせピアノの生演奏ありますから!)、週末通じてとにかくバブリーだった。

No comments:

Post a Comment