Saturday, February 17, 2018

家庭料理とわたし


新刊のお知らせです。

『家庭料理とわたし ―「手料理」でひも解く味の個人史と 参考になるかもしれないわが家のレシピたち』というzineを作りました。

エッセイあり、図解付レシピありの28ページ。パーソナルジン、習作以外では『KANISUKI 2016』以来となるコンセプチュアル・ジン(?)です。

また、半年くらい前からInDesignを(無意味に)練習してまして、これはその一環でもあります。前に、これもInDesignで作った『あすとれあ』はレイアウトグリッドをひいてつくったので、今回はマージン・段組み設定して作りました。文字組みも、合成フォントや文字組みアキ量設定を駆使してリュウミンを…とか、誰か興味あるひといるんだろうか・・・え〜ん、やめます。

もとい!

人間が生き物である限り、誰もが食べなければ生きていけない。食べなければ人生もありません。自炊、中食、外食――いろいろな「食」との関わり方があるけれど、わたしと「食」との関係を振り返ってきたとき、その大部分を占めるのが「家庭料理」というものでした。そんな、わたしと家庭料理にまつわる「何か」を、恥ずかしながら披露してみようかと思います。

野菜の切り方や調味料を入れる順番、火加減etc. 「家庭(内)料理」だけに、何をとってもイッツ・マイ・スタイル!どきどきヒヤヒヤするくらいに、かなりパーソナルなものになりました。でも某人気ハンバーグ店・グリルHの御大(お元気でしょうか)が、むかし話してくれたよ「うちのハンバーグは洋食屋のセオリーからしてみたらまったくの邪道やね、独学やしね」って!そういうわけで、間違いでもなんでも、これで主婦やってるンだって、胸を張って紹介してみます。もしかして、皆さんの生活のお役に立てるかも知れません(?)。

ちなみに、帯を只今制作ですので、発送は来週末くらいになりそう・・・帯、あとから思いついちゃったもんで。すみません。出来上がりましたらまたお知らせいたします。

注文はいつでも↓からどうぞ、お待ちしております。よろしくお願いいたします!

No comments:

Post a Comment