Thursday, February 22, 2018

食の記録 201802


高木珈琲のプリン。こんなルックスってだけでもうすでに最高じゃろ。背中のちょっと固くなっててキャラメルが染みてるとこ、全プリンのなかでいちばん好きです。同行者に、喫煙可だけどだいじょうぶ?って訊いたら「大丈夫やし、なんならときどき喫煙やで」と返ってきたのがよかった。


セアブラノ神のつけ麺(ウイング麺)。ウイング麺は麺のエッジがビロビロになってて、スープがよく絡む、最近流行ってる麺。麺を半分食べたところでレモンを絞って味を変え、最後、割り出汁と一口大のごはんが出てきて雑炊にして食べるという、なんていうか、味わい・サービス・過剰って感じの麺メニューです。



誠養軒のチャーハンとラーメン。あと餃子も食べた。チャーハンとラーメンに入ってる焼き豚がめちゃくちゃおいしかったから、今度は焼き豚をアテに酒飲みたい。お会計のときおっちゃんに「腹ふくれたか?」って訊かれたのがよかった。おいしかったか、ではなく。あと、ビールは外の冷蔵ケースから自分で勝手に取ってきて、自分で栓抜きで開けて飲むシステム。このへんは、いつ来ても陰気でいい。


毎日食べてるはっさく。「君と暮らすようになって、柑橘類をむく能力を失った」というのは配偶者談ですが、失うなや~と思いながらも、ちょっと気分が良くなってしまったのは、わたしも人間だなあという感じがいたします。

あと大阪で人生2回めのヤンニョムケジャンを食べた。もちろん最高。タレがついた指まで舐めるほど。もっと折々に食べていきたい。

No comments:

Post a Comment