Sunday, January 28, 2018

憧れ


何かとても美しいものを見て、こうありたいとかこうなりたいとか手に入れたいとか、憧れる、そんなことは、果たしてどれくらい世間で価値があるとされているんだろうって、ときどき考える。別に、世間がどうあろうが、わたしはわたしでしょう、ご勝手にって、確かにそうは思うのだけど、でも、憧れの気持ちを抱いたひとの姿というのはとても美しいから、そんなものがあちこちにある世の中だといいなあと思うから、わたしが(敢えて控えめに)見積もるよりも、少しでも必要とされていたらいいなあと思う。大切にされていたらいいなあと思う。こんなことを思うのは、独善的であまちゃんで、贅沢かなあ。

ちなみに、(皆さんがご存知の通り)わたしは大変な感激屋さんなので、わたしのあり方として望むように、憧れのかたちも瞬間、瞬間で乱反射していて、今は、餅とり粉で真っ白になった手先に感激し、想いを馳せ、憧れているところです。

No comments:

Post a Comment