Wednesday, October 18, 2017

バスで三時に


雨のなか、市バスにフラれたところを拾ってくれた京阪バスが、ボロボロで愛しかった。

なるほど、わかったぞ!上半期から続くここまでの戦いっていうのは、いわば「主体性のゲリラ戦」だったというわけ。主体性を獲得するための、手段を選ばない戦い。というと、なかなかに刺激的な響きですが、キャッチーに言えば edit myself っつうことです。

そんで、その成果物がこれだったってわけだ。



読んだ友だちが「愛の熱風」って銘打ってくれてくれてめちゃ笑いました。なんて、なんのこっちゃって感じだけど。

そうだよ!インプット/アウトプットの摩擦熱が好きなの、どうしようもなく!懐疑心の靄を燃やし尽くすくらいの。すり傷だってかまうもんか!そんなもの、ささやかに誇っちゃりますけん。

てことで(行けないけど)ジンギャザに向けて、おニューzine作ります、しかも2冊!イェーーイ!(がんばるぞ・・・やれんのか!)

No comments:

Post a Comment