Tuesday, September 05, 2017

雑感「やっていく」こと

「主体性」という言葉や、アンガージュマン【engagement】、投企【projet】という概念(from サルトル)をもっと、何か、ちがう風に言いかえられないかと思ってしばらく考えていたけど、それってつまり、「やっていく」ってやつじゃないか!ねえ?

そう、「やっていく」。ラジカルで、肝が据わっていて、影と憂いのある、好きなインターネットスラング(?)。

そしたら、なんだ、徳利さんのかっこよさは=実存主義のかっこよさじゃないかと思い至り(cf.「徳利を、やっていく」)、そんなわけで、先日発行したZINEには徳利さんのインスタストーリーのキャプチャ画像を挿入したんでした(本人承諾済みです)。つまり、徳利(実存)は徳利(本質)に先立つ、ということ。

といいますか、サルトルの実存主義自体、SNS成熟時代のユースカルチャーとすごく親和性高い気がする。と、最近とみに思います。

でもさ~、四の五の言わずに「やっていく」って、すごく体力が要るわけですよ。指先だけの話がどんどんフィジカルになっていくという、アンビバレントな世界。ハ~、生きることは大変だなあ!もっとラクになりませんかねえ。

とか言うと、また考えすぎとか言われるわけでしょう?

No comments:

Post a Comment