Sunday, November 27, 2016

友だちの恋人

友だちの恋人

青ちゃんと緑ちゃんのお話。

「僕はブルー 君はグリーン 吐き出す雰囲気はいい感じだ 僕はブルー 君はグリーン 飲み込む雰囲気でFreeになってさ」って、slackじゃないけど。


背景の建物までのびる緑と青の境界をやぶって、ブランシュの手がレアの肩にのびたとき、アッと思ってどきどきした。

一緒に居れてうれしくて泣いちゃうくらい心が溶けるひとに出会ったとき、それが異性だった場合、やっぱり最後は寝るのかアと思って思わず腕組みした。そりゃ、ブランシュは恋情を抱いてくれる男性を探していたわけだから、それはそうなんだけど。

サッシュベルト欲しくなっちゃったな!

No comments:

Post a Comment